top of page
top

2024 日EUワークショップ アジェンダ

Home / 会議 / 議題

Floating Wind NOW の議題

JAPAN-EN WORKSHOP

*カンファレンス期間中は同時通訳が利用可能です* 同時通訳は、会議全体で利用できます。

EUと日本の洋上風力発電協力を促進

説明:

再生可能エネルギーの導入は、EUと日本が共有する2050年の気候中立性目標を達成するために極めて重要であり、特にその計り知れない成長の可能性を備えた洋上風力発電は重要である。 さまざまなプロジェクトにおける欧州企業と日本企業の既存の協力関係は、両地域の新たな野心によって拡大され、迅速かつコスト効率の高い展開が促進されます。

入場料: すべてのスポンサー、講演者、代表者、訪問者は入場無料

前日: 日EUワークショップの議題

PRE-DAY

10月15日 午後の部

14:25 - 14:30

(05 mins)

歓迎の挨拶

10:10 - 11:00

(50 mins)

[開会基調講演]2050年までに日本の気候中立性ビジョンを推進するために:洋上風力発電の重要な役割

Hiroki Kitaiue
Deputy Director, Climate Change Policy Division, Global Environment Bureau
Ministry of Environment, Japan

14:50 - 15:10

(20 mins)

[トップボイス] ヨーロッパの洋上風力発電産業における公共政策と現代の状況

Isabelle De Stobbeleir
Policy Officer
European Commission

15:10 - 16:00

(50 mins)

【多国間協力】欧州と日本の洋上風力発電におけるダイナミックな協力
  • 政策と規制の調和

  • 共通の課題と補完的な強み

  • 既存の共同イニシアチブと知識交換

  • 潜在的なコラボレーション分野: 深海設置、送電網統合など

  • 技術移転と投資

Moderator: 

  
Senior Representative
Sumitomo Corporation

Panelist:

 
Senior Representative
Department for Business and Trade 

Nikolaus Boltze
President
EU-Japan Centre for Industrial Cooperation

16:00 - 16:05

(05 mins)

閉会の辞とネットワーキング
bottom of page